読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おとく な けいじばん !

音楽の持つコントラストを変幻自在に操るステージ 的な

脳みそとかしたい夜 歌詞

制服改造したいな
スカート短くしたいな
靴底踏み潰してやる

安い女になりたくて
新栄裏路地徘徊
LOVEなんて無縁だわ
いかれたほうがまし

右左みないで
道路飛び出した
鬱陶しいでしょ あたしを殺して
って本気にしないでよ
ぬくもりなんていくらあっても足りないから
ここにいるの

赤信号なのに止められない
こわいよ

世界中の愛が地獄に落ちてくれ
無人の車が暴走する高岳午前2時

A1出口栄で 会いたいひと待ってるの
まどろっこしいなぁもう あたしを侵して
ってちょっとは本気にしてよ
嫌われたくないのに嫌われることばっかり
しちゃうなんでなの

君のこと好きだよ、知ってるんでしょ

駅の店全部シャッター閉まっても
ずっとずっとずっとずっと
動かなかったよ
あたしの気持ちが救われないんなら
名古屋中まっくろに塗りつぶしてやる

上に追い出されたあと
涙が止まらなくなって
タクシー捕まえて
財布の中ぶちまけて
八事の君の家にまで
いまからいくからほんとに
何にもしないから
行ったところで

制服改造したいな
スカート短くしたいな
靴底踏み潰してやる

やっぱりLOVEは無縁だった
いかれたほうがましだった
狂った脳みそとかしたい夜だ